全自動乾燥式生ごみ処理機 パーフェクZシリーズ

操作はシンプル、気軽に1分

全自動乾燥式生ごみ処理機パーフェクZシリーズは、生ゴミの乾燥処理から乾燥残渣の排出まで処理機内での全自動化を実現しました。

 

パーフェクZ20 パーフェクZ100

 発生の2大要素、処理中、排出時の臭いをシャットアウト

構造 二重構造による間接加熱によりお焦げのできない高効率省エネ処理。

操作性 生ごみを入れたらスイッチを押すだけ、あとは全自動。

自動排出 全自動運転中に乾燥残渣は、本体内の内蔵処理品箱へ移動。

設置フリー 排水・脱臭設備不要。小スペースで設置可能。

メンテフリー 最小部品数でシンプル構造を実現。日常メンテナンスも手間いらず。

乾燥残渣の処理 再生利用事業登録業者との提携により残渣の回収及び肥料化可能。

生ごみ処理機の次世代先までを見据えた「パーフェクZ」そのしなやかな創造性と堅実なシステムとは…

乾燥処理システム

  1. 1.上蓋を開け生ごみを投入します。
  2. 2.送風ファンにより外気を処理槽内部に送ります。
  3. 3.生ごみの臭気を含んだ水蒸気と共に、接続パイプに送ります。
  4. 4.ヒーターで加熱します。
  5. 5.触媒にて臭いを分解します。
  6. 6.処理槽全体を包み込むように熱を加えながら、排気口より外部へ放出します。
  7. 7.乾燥が終了します。

全自動排出システム

  1. 1.乾燥終了後、自動排出シャッターが開きます。
  2. 2.撹拌羽根が回転し、乾燥残渣は自動排出シャッター口へ運ばれ、順次内蔵処理品箱へ移動されます。
  3. 3.処理槽内部が空となり終了します。
Copyright(c) 2012 株式会社ナルハマ All Rights Reserved.